2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

6月の支援金振込みありがとうございました!

やっさんです。
今日で6月も終わり、震災から数えて112日になりますでしょうか。
6月の支援金の報告をさせていただきます。5月の発表と同じように
イニシャル名にてご報告させていただきます。

Y・Tさん、Y・Tさん、H・Nさん、そして私も5,000円だけですが
支援金を振り込みました。毎月この金額を続けようかと考えております。
皆さんに支えてもらうばかりなのも、心苦しいところもありますので、
なんとかできる限りはHS神戸サポートチームとして動いていきたい。
そんな心つもりです。

皆様からいただいた支援金の6月の活動報告も以下に記します。

・6月の期間週末を中心に延べ40名以上の人員を現地に派遣できました。
・いいのんちゃんの動きで、冷蔵庫・洗濯機などの生活用品を牡鹿半島
 表浜地区に送ることができました。品物は寄付されたものです。
・大和園さん関連の重機隊、看板仕事人関連の重機隊が活動しました。
・宮崎夫妻の働きで仮設トイレが1基配備されました。
・いいのんちゃんの企画で落語会が行われました。
・ハエ対策のためのモンスターフライトラップを購入設置しました。
・その他、お花など様々な物資を現地に送ることができました。

震災3ヶ月の100日に各地で合同慰霊祭が行われ、現地でも次の
ステップに向かおうという動きがようやく始まった感じです。
HS神戸サポートチームの活動場所も石巻市市街地を離れ、
牡鹿半島の漁村、表浜地区を中心にすることが固まってきました。
ここからが、皆様からの支援金をどう活用するかを考える時です。

現地の人の心のよりどころである神社・寺院修復プロジェクト!
生活を立て直す産業の基本である漁業再生プロジェクト!
暮らしの充実をはかる生活用品電化製品配布プロジェクト!
リクリエーションなどで心を豊かにするエンタメプロジェクト!
などが考えられております。日本財団さんからの助成はその使い道が
緊急重機配備・緊急人員派遣に限られているため、上のプロジェクト
の実現のためには皆様の支援金に頼らざるをえません。
来年の3月までという1年間という期間を、当面の活動時期として
おりますので、今月のように4名の支援金だけでは厳しいところがあります。
私のように千円単位でもかまいませんので、毎月一度の支援金と
週に数回のこちらのブログのチェックをお願いしたいと思います。
そして、広く意見をお聞かせいただければと期待します。

ここからが記憶の風化とのさらなる戦いです。この震災について考え行動する
事は、今後の日本を考えること、次の震災が起こった時に動くことに
つながっていきます。決して3・11からただ日にちを数えるようなものでは
無いということを、改めてお考えいただければと思っております。
[PR]
by aoesupport | 2011-06-30 23:50 | ありがとう!