2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

話をしたら、こうなりました

柳澤のん です
現地での情報の発信と収集をする為、インターネットが自由に使える
無線LAN(WiFi)のポイントを要請しました。
予定では今月中に大原生活センターと表浜漁協センター2階、
そしてせいちゃんのボラ仲間の拠点南境生活センターに設置します。
牡鹿半島地区の無線LAN は衛星回線でのインターネット回線で
スカパーが総務省の予算の元、災害支援の一環としてやっているサービスで
南境生活センターのは独立行政法人情報通信研究機構の被災地における
インターネット無線LAN環境の構築という研究を現地に入れてもらう事にしました。

現地住民と石巻市、ボランティアと行政の間を仲介したら、実現となりました。

あの漁師さん達や牡鹿の人々ががskypeやfacebook、mixiやyoutubeで
世界中の人達に情報を発信してゆくなんてチョット良いと思いませんか?
次はPCとそれを教えてあげられるボランティアを募集しなければ
ならないかもですね、もちろん我々ボランティアも現地からの発信を
積極的にしていかないといけませんね。
[PR]
by aoesupport | 2011-07-15 21:16 | 支援物資 ・活動情報