2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

お盆に行って来ました

柳澤 のん です

報告が遅れましたが、先週、土、日曜日と2日間、
牡鹿半島の大原地区、小渕浜地区に行って来ました

初めて公共交通機関のみを使って行きました。新幹線は帰省ラッシュで
指定席予約出来ず、出入り口付近の床にベタ座りして向かいました。
今までは車で5、6時間かけて移動していたのですが、さすが新幹線。
2時間30分で仙台まではあっという間に移動しました。
そこからも東北本線で小牛田(こごた)まで45分で行き、
石巻線に乗り換えて石巻駅まで40分、乗り換え待ち時間こそ
30分くらいありましたが、のどかな小牛田駅ホームでのんびり
アイスを食べながら待っていても充分時間はつぶせました。
そして、石巻駅から小渕まで1時間10分、1日に7往復している
路線バスで小渕に到着しました。やはり、公共交通機関を使っても
東京駅からは6~7時間かかるんですね。しかし、田んぼの中や
山の麓を在来線や路線バスで移動していると景色をみているだけ
なのですが、全く飽きる事はありませんでした。

私は小渕浜地区の仮設住宅や委員長宅をはじめとする自宅にある
お仏壇にお線香をあげさせていただきました。
お盆等でしたので、あの日以来初めてあの地へ来られたご親戚の方々が、
沢山いらしていました、しかし、変わり果てた風景を目の当たりにし、
涙、嘆き、ため息、される方が多くいらっしゃり、それらを受け止め、
そこに住んでいる人の苦労は計り知れないなぁと感じました。

大原地区では、鮎川を拠点としてボランティア活動をされている
EN藤さんが住民から直接要望を受けた牡鹿復興支援協議会の元、
20人ほどの学生ボランティアを引き連れて、指定された敷地内の
瓦礫撤去作業をされていました。
EN藤さんとはGWの作業の際にお世話になっており、私の事も
覚えていていただけたので、いろいろと最近の話を聞くことが
出来ましたが、行政の元、大きな組織として活動されているのと、
私のように個人で活動しているのとでは、規模こそ違いますが、
現地に根付いての活動を共通項として話しをさせていただきました

次は月末にはまた、戻ろうかと思います
[PR]
by aoesupport | 2011-08-17 18:43 | 活動報告など