2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

今週末はてきやチームと柳澤のんちゃんファミリー

やっさんです。
今週で8月の土日も終わりです。
日本財団さんへの申請も緊急的な支援は8月までとしておりました。
確かに現地では緊急な支援活動は減ってきて、今後は生活再建
復興支援という長期なニーズに向けて移行しています。
そんな中、今週もてきやさんチームの毎月定期派遣と
柳澤のんちゃんが息子・母様などを連れて家族で牡鹿に向かうということです。

============================

てきやからのメールの転送です。

皆様へ(^-^) てきやです。
いよいよ8月のてきやチームの活動が今週末になりました。 よろしくお願いいたします。

まずメンバーですが、てきやの異動前の職場で知り合った市原さんこと『イッチー』
てきやの職場の同僚の矢部さんこと『やべっち』 同じく山口さんこと『やま』
てきやの職場の常連ボラであり、いろんな顔と肩書きを持つ大男の荒木さんこと『はじめちゃん』
そして今回、車を出して下さる、ゴリラの会という障害者と旅行に行くサークルの創設者
で何十年もその活動を続けている『勝沼さん』 そして、てきやの高校の時の友達で
水墨画の画家の野口君の紹介で出逢った画家の『サトコさん』 
そして『サトコさん』の友達の『あゆみさん』の8名です。
車は2台に別れますが、チームとして協力しあっていきましょう。

火曜日に、石巻牡鹿半島大原行政区の石森区長さんとおがた棟梁さんと連絡をとりました。
今のところ作業は神社の階段の補修の手伝いか、大原地区の側溝の清掃か、
谷川のお寺の貯水槽の清掃等が予定されているようです。
いろいろあるなかで、震災から5ヵ月が過ぎようとしています。
地域差はありますが、がれきや泥の撤去というわかりやすい災害支援から、
個別化に伴う複雑な復興支援への転換期を迎えています。
例えば、『この作業は何の意味があるのだろう?』という疑問も出てくるかもしれません。
疑問点は、一人で解釈せず、チームで分かち合うように心掛けて下さい。
そして心を澄まし現地の風や声や空気を感じて下さい。
私たちの活動は大河の一滴のようなもので、時の経過や離れてみて、
流れや意味がわかるのかもしれません。
そして大原の人たちや出逢ったボラの方たちと積極的に心を開いて関わって下さい。

以下 暫定的に役割分担を提案させて頂きます。 てきや リーダー
イッチー 会計・連絡、調整係
やま カメラ係
勝沼さん 賄い係
はじめちゃん 賄い係サブ、運転
やべっち 運転
サトコさん スケッチ係(雰囲気・流れで)
あゆみさん 賄いサブ、全体フォロー

毎週のように大原へチームで行って信頼を紡いでくれている、
『こもゆうさん』の奥さんであり、AOEメンバーである、
『ヒロミさん』のご両親も一緒になるかもしれません。 では(^-^)

===============================
チーム内での役割分担までできてきて、まるでAOEのキャンプのようではありませんか!
来月から行き始めたって、遅いということはありません。
ぜひとも、このブログをご覧の方で、現地を見てみたいという方が
おりましたら、事務局までご連絡下さい。アレンジいたします。(やっさん)
[PR]
by aoesupport | 2011-08-25 23:30 | 今週の予定