2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

てきやさんチーム8月末の報告

8月のてきやチ-ム活動報告(8月26日~28日)

今回のてきやチ-ムは8名(とこ ひじこ かっちゃん いっち- はじめちゃん
やべっち やま てきや)で活動することができました。
作業は大原地区の水路と側溝の清掃作業を行いました。
水路では蛭の攻撃にあいながらもくじけず、地震で崩れてしまった石や土を取り除き、
草むしりを、側溝では放置されていた泥や瓦礫をひたすら土嚢袋につめる作業でした。
b0213209_204454.jpg

夜は、大原の人たちが肉や鯨やきゅうりを提供して下さり、てきやチ-ムから
新さんま、ホタテ、イカ、筑前煮などを提供し、ミックスバ-ベキュ-ができて
おいしかったです。そして京都で大工さんをやっているロバ-トさん率いる外国人の
方たち10名も加わり、にぎやかで、国際色豊かな食事会でした。

日曜日は、イッチ-の発案で、大原行政区の区長さんとおがた棟梁の許可も頂き、
7時30分~8時30分まで目の前の道路や神社・倉庫周辺のごみ拾いと泊めさせて
もらっているところの清掃作業を行いました。
b0213209_2071092.jpg

食事会の時、外のバ-ベキュ-のにぎやかな声を聴きながら、てきやは室内で
おがた棟梁としみじみ酒を飲んでいたら、おがた棟梁が、
「・・・こもゆうチ-ムとてきやチ-ムは、土地のもんでも嫌がるお寺の池や側溝の
清掃をしてくれる・・・ありがたいっちゃ・・・
あそこずっと気になっていたっちゃ・・・」
と語りかけてくれました。
なんか心がつながっているなぁと感じられ、あったかかったです。
ここ数年、「寄り添う」ということばは遠く感じていたけど、
久しぶりに身近に感じられました。
b0213209_2051882.jpg

震災から5ヶ月・・・災害支援から復興支援への転換期に移り、正直、自分も
活動内容や場所について悩み、とまどうことも多くなりました。
しばらく向き合って考えていこうとおもっています。
そして「寄り添う」というおもいも大切にして活動を続けていきます。てきや
[PR]
by aoesupport | 2011-08-29 23:30 | 活動報告など