2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

てきやさんからの和歌山水害ボラ報告(9月17日~19日)

9月17日~19日和歌山に泥出しボラに行って来ました。
福島県金山町での泥出しボランティアへ行った際に出逢った、
和歌山県で小学校の先生をしている武部さんから電話を頂いた。
『・・・ふるさと和歌山県が台風でひどいことに・・・てきやさん来てくれませんか・・・』
即答で武部さんに和歌山入りすることを約束し、仲間を募った。

AOEの先輩のくださんが、関西空港から車を貸してくれるとのこと、ありがたい。
今回、交通費がかなりかかり、今までカンパを下さった人と、
てきやがカウンセリングを学んでいる、『東京カウンセリングスクール(TCS)』からも
2度目の活動支援金を頂き、感謝・感謝です。

職場関係で出逢えた、荒木はじめちゃんとやまが同行を約束してくれ、
石巻大原で一緒に活動している兄貴分のカメラマンの小西さん、
AOEからは、アポックがこもゆうチームからは北村さんが一緒に
活動してくれるとのことでとても心強かった。 この活動には、たくさんの
方々の支援や人的ネットワークに支えられていることを痛感した。本当にありがたい。
b0213209_1832752.jpg

託されたおもいを胸に和歌山へ
17日、既に大雨警報、ボランティア活動中止の連絡を受けつつ、断続的な豪雨の中、
那智勝浦のボラセンへ向かった。 翌日は作業できることを祈りながら。
那智勝浦のボラセンへ挨拶を終えて、避難所となっている中学校へ行った。
大雨警報や道路が破壊されていることによる通行止めのため、住民の方も
おもうようにご自宅の片付けができない様子、住民の方々の疲れきった顔に
いたたまれない気持ちになった。
夜は、吉村誠司氏が石巻でいろいろなボランティア団体の方々と立ち上げた
『石巻支援ベース絆』の仲間が立ち上げた『熊野支援ベース絆』のメンバーと合流し、
ミーティングに参加し、被害状況の大きさがつかめた。

18日 晴天 6時10分頃に串本を出発し、 武部さんの紹介で農業もされている
校長先生のお宅の庭の泥だしや清掃作業を行った。武部さんのお父さんも参加。
b0213209_18333072.jpg

那智勝浦 川関地区・・・このエリアは床上浸水・・・
床を電動丸ノコで切り、床下の泥を出さなければならないお宅もあった。
校長先生のお宅も床上浸水、収穫したばかりのお米も泥水に浸かってしまい、
動かなくなった軽トラック、トラクター、泥がたくさん残る倉庫、庭・・・
目に入るもの全てが痛々しい。 4月の石巻と同じ・・・ 水も止まったまま・・・

みんなで力を合わせて一生懸命泥だしを行った。
近所の人や・・先生と呼ばれる方たちと一緒に。

固い表情で無口だった校長先生の顔が、午後は少しやわらかくなり、
お話しができるようになったこと、今回てきやがいちばんうれしかったことかな。

19日 6時過ぎに串本を出発、再び校長先生のお宅へ向かった。
この日は、引き続き校長先生の庭や倉庫の泥出し、清掃の仕上げ作業を行いつつ、
迫りつつある、台風15号に備えて、すぐそばにある側溝の泥出し作業もおこなった。
もう、これ以上少しでも水や泥が溢れないように。
b0213209_18311320.jpg

ご家族や近所の人や親族だけではあまりにたいへんな作業とかなしみ
自分の中で再びここに来なければというおもいが強くなる。
いろいろお世話になっている、出席はするつもりだったNPOコミュニオンの
フォーラムがある10月の3連休に再び和歌山へ・・・
フォーラム実行委員の方々、ごめんなさい。

20日 武部さんから以下のメールを頂いた。--------------------------------------

みなさん本当にお世話になりました。さすが吉村一門です。
早朝勤務、残業あり、雨天結構。目の前の困っている人はほうっておかない、
住民のみなさんのお役に立てることは何でもやります、うっす!
皆さんとどろんこ運動会ができてよかったです。頼もしい仲間が来てくれて感動です。

義を見てせざるは勇なきなり。
すばらしい師匠とすばらしい仲間に感謝です。

------------------------------------------------------------------------------------

那智勝浦の川関の上流ものぞかせてもらった。
土砂崩れがいたるところにあり、道路が寸断され、地形すら変わっていて、
自衛隊が復旧作業にあたっていた。民家も倒壊していたり、泥に埋まったりしている。
そして通行止めと断水と続く雨。
武部さんが『長期戦になる』とつぶやくことばの意味がわかる。

関東でもいずれ災害は起きるだろう。
動ける人を増やし、支えあえる関係と心のつながりを共有して
その輪を広げていきたいとおもう。

ひとまず、てきやは10月7日~10日で再び和歌山入りします。

てきや
[PR]
by aoesupport | 2011-09-22 18:00 | 活動報告など