2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

都会で地震災害にあったとき、どうすればいいのか?

やっさんです。

3連休の真ん中日曜日、皆様いかがおすごしでしょうか?
私は仕事が忙しくて、どこにもいけませんので、
家でTVでもみて過ごそうかと考えています。

在京局NHKで9時から放送の帰宅困難者をまとめたものは
次に起こる震災の時に役に立つかなと思います。
3月11日は私もたまたま東京ビックサイトでの展示会に
来ていたため、都会の孤島で身動きがとれなくなりました。
写真はその時屋上からみた景色です。
b0213209_19591739.jpg

たまたまあいたバスに飛び乗り、東京駅まで到着した時の
駅前の風景は忘れられません。人が駅に入れず、道路にもあふれて
危険な感じがしました。バスから見る歩道には、人々が歩いて帰宅
しようとしていて、革靴での移動や女性子供の移動に心配しました。

東京駅から新橋駅まで歩いて、行きつけの居酒屋にて携帯電源の補給と
情報を収集して、ビールと夕食で体力を温存してから、
新橋駅そばにできた避難所にて、第一のボランティア活動として、
毛布の配布・休憩所の整備・保存食、水の配布に手を貸しました。

3月の地震は東北を震源とするもので、東南海でも関東大震災でも
なかったことを考えると、次に起こる地震が都市型になる可能性は
非常に高いとも考えられます。その時になって、どう動くかを考えるよりは
こんなTVでも見て、イメトレをしておくのも一つの手だと思います。
[PR]
by aoesupport | 2011-10-09 19:30 | ボランティア情報