2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

引き継がれていく想い(てきやチーム活動報告)

やっさんです。
早いものでもう12月になりました。今年もあと一月で終わりです。
3月の大震災以来、なんとも大変な年になりましたが、
それでも、我々は元気に生活できております。
放射能で体を壊したわけでもなく、日本全体の経済が落ち込んで
生活できなくなったわけではなく、きちんと生きております。
そうならば、この大地震で被災した人々に、もう少しだけでも
目を向けて、力を与える事はできないかと考えています。
あと一ヶ月の2011年はまだ動き始めるチャンスがあります。
てきやさんチーム11月末の活動報告です。
----------------------------
高橋さん実家片付け隊(てきやチーム)
『引き継がれていく想い』
11月26日 こもゆうチームからバトンを受け継ぎ、
大原の高橋さんの実家の片付けを行ってきました。(ほぼ終了)
今回のメンバーは、男性陣がてきや、イッチー、はじめちゃん、
やまちゃん、斎藤さん、みなみさん。女性陣が宮澤さん、みっちゃん、
ひじこちゃん、かとちゃん、あきのさんの計11人でした。
b0213209_19332230.jpg

室内から運び出したものをある程度分けていたのですが、
高橋さんが集積所に持って行ったところ、分別不十分で受け取って
もらえなかったとのこと、細かい分別作業を手分けして行いました。
内容的には決して面白くはない作業ですが、冗談を言い合いながらの
高橋さん入れて12人での仕分け作業はとても楽しくて、時間が
過ぎるのも早く感じました。大人数ということもあり、作業も早く終わり、
帰りは高橋さんが明治村に連れて行って下さり観光案内もしてくれました。
もうボラではなく、お互い仲間としてかかわれるようになったことがとてもうれしかったです。
紅葉もきれいでした。

夜は、大原の人たちとおそらく最初で最後の女性が5人もいるという
(いつもとは違う)てきやチームの華やかな雰囲気の中で、
てきやは、おがた棟梁と静かに語り合う機会を持てました。
「てきやさんに孫ができた時、大きな地震と津波が起きたけど、
俺と一緒に神社を復興したんだと、てきやさんの孫に一緒に語ろう。
てきやさん、これからも来てくれっちゃ・・・」
そんなおがた棟梁のことばに不覚にも、てきやは涙を流してしまいました。
b0213209_1934197.jpg
 
棟梁の顔に刻まれたしわと、やさしそうで、かなしそうで、
でも、強い眼差しを見つめながら、てきやはこう想いました。
『これからまた災害が起こるかもしれない・・・でも・・・壊されても、
失っても、みんなで力と心を合わせて、立て直していけばいいんだ!!』
そして・・・きっと、棟梁やてきやがいなくなったとしても、この想いは、
てきやの孫の世代まで引き継がれていくものと、今は確信しています。

壊されても、失っても、みんなで力と心を合わせて、立て直していけばいいんだ!!
[PR]
by aoesupport | 2011-12-01 10:30 | 活動報告など