2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

てきやチーム活動報告3月17・18日

3月のてきやチーム活動報告(17・18日) 『当たり前の生活を』

石巻の牡鹿半島の大原での活動はいつものてきやチームの
イッチー、やまちゃん、はじめちゃん、てきやの4人での活動でした。今回は、
1 小形棟梁が建設途中の『十八成浜(くぐなり浜)』での集会所のセメントこね作業のお手伝い。
2 度重なる雪と雨で埋まってしまった谷川洞福寺の側溝の泥出し。
3 和尚さんや洞福寺にお墓参りに見えた方々の水場確保のための沢の整備。を行いました。

建設中の十八成浜の集会所は海を見下ろす高台にあり、棟梁が伝統工法で
作った屋根と室内は木の香りとぬくもりが感じられて、完成すれば住民の
方々のいい憩いの場になりそうです。
b0213209_14313481.jpg

作業は仕事だと鬼になる棟梁に怒られながら、砂と砂利をこねたセメントを
棟梁に手渡して、たぶん靴置き場になるところを均していっていました。
棟梁が、『てきやさん 形になるものを一緒に創れたなぁ(^-^)』 
と言ってもらってじわぁっとうれしかったです。
いつかここで棟梁と一緒に海を眺めながらビールを飲みたいとおもいました。

次は、谷川の洞福寺に移動して側溝の泥出しに着手しましたが出鼻をくじくように
雨が降ってきました。めげずに合羽を着て作業を続けました。
棟梁が「2日はかかる」と言った側溝の泥出しをお昼で終わらせ、
午後は続く雨の中、沢の整備をしました。

洞福寺は水道が通っておらず、沢から引いた水を、お墓参りに使う水や
トイレに使用しています。夏場は、水量が減ると、水の出が悪くなり、
去年から何度か整備させて頂いてきた沢です。
今は雪どけ水等で水量は豊富ですが夏場をにらみ、丹念に岩をどけ、
砂利をすくい、木や葉をどけ水路を作りつつ、4人でさかのぼっていきました。
気がついたら16時近くになっていました。
(日曜日の午前中も沢の整備の仕上げを行いました。)
冷たい雨の中での作業でしたが、和尚さんとお墓参りに来ていた方の
笑顔が見れて、とてもうれしかったです。
b0213209_1432682.jpg

土曜日の夜は、大原浜のがれき撤去・清掃に携わっていた方々の飲み会
がありました。3月15日で終了(予算打ち切り?)したのでお疲れ様会とのことでした。
なじみの方々がたくさん集まって来て、てきやたちもご一緒させて頂きました。
てきやは特に、大原行政区のあべ副区長さんとお話しができました。
副区長さんは、去年、ご自分の畑で有機栽培したおいしいナスを焼いて
ふるまって下さった方で、てきやのように熱苦しくない、とても穏やかな方です。

ただ・・・今もその畑は去年の台風の被害を受けたまま復活していないそうです。平さんの畑も・・・

酒がすすみ、副区長さんがおもむろに、『てきやさん今度一緒に釣りに行こう。』
と言って頂きました。穏やかな笑顔のまま釣りの話をしてくれる中、てきやは、
『まず、畑の復活のお手伝いから先にさせて下さい・・・』 と言うタイミングを計りかねていました

てきやの心の内を察したのか・・・てきやの父親よりちょっとだけ若いかな? 
副区長さんは、まるで父親が息子を諭すように、穏やかな笑顔を絶やさずに、
『これからはゆっくり、ゆっくり、元に戻して行くから・・・
てきやさんは遊びに来てくれるだけでいいんだよ(^-^)・・・』
不覚にもまたてきやは泣きそうになり、やさしさに包まれた気がしました。
今のてきやにはできないけど、棟梁のやさしさや気遣いもそうだけどたぶん、
父親というか、男の人のやさしさってこうなんだろうなって感じました。
b0213209_14322625.jpg

でも、てきやはこう思います。
仮設から出て、ちゃんとした住まいに戻り、畑や田んぼがちゃんと復活して
・・・一年はまだあまりにも早く、短い・・・
どうか少しでもはやく東北の人たちが、当たり前の生活を取り戻せますように
そういうおもいを抱き、てきやはこれからも、大原と福島へ足を運びます。
あれだけの被害からまだ一年しか経っていないんです。
[PR]
by aoesupport | 2012-03-24 14:30 | 活動報告など