2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

石巻大原 三熊野神社夏祭り(てきやさんレポート)

石巻・牡鹿半島大原での活動報告7月14・15日 『 遙かなれり 大原!』

7月14・15日石巻牡鹿半島大原の三熊野神社の夏祭りで
たこ焼きを焼いてきました。(^-^)とても楽しく、いとおしい時でした。
b0213209_0551916.jpg

14日の前夜祭は神社の境内でたこ焼き初披露となりました。
生ビール、焼き鳥も振る舞われ、小中学生や浴衣姿の女性も、
たこ焼きを食べてくれて・・・神事にも参加させて頂き、巫女さんの舞、
獅子舞、太鼓と笛が鳴り響き、楽しく賑やかに夜が更けていきました。
b0213209_0554948.jpg

明けて、15日の本祭では、てきやは再びたこ焼きを焼き、てきやチームの
はじめちゃん、やまちゃん、イッチーは20数名で御神輿を担ぎました。
葛城ユキさんも駆けつけてくれて『ボヘミアン』他オリジナルの歌も
熱唱してくれて、心のこもったあたたかい語りも加わり、圧倒的な
力強い歌唱力と共にみんなの心に響きました。
何人かの人から『てきやさん、うまいっちゃ、来年も再来年もたこ焼き、
焼いてくれっちゃ 』 と言ってもらいました。
b0213209_0573217.jpg

神事に参加させて頂いた後、神社から少し離れた所で夜の海を
見つめていると自然と涙が出てきました。
・・・大原の人たちに受け入れてもらえたうれしさ・・・ 
大原の人たちが笑顔でいられなかった時もあった・・・
今は、今日はみんなの笑顔が見られた・・・
そして・・・がれきと泥まみれだったこの地で再び、お祭りができたこと・・・
これまでの活動を振り返りつつ、涙の理由とこみ上げてくるあたたかさと
よろこびに言葉を探している自分がいました。

巫女さんが舞い、笛の音やみんなの笑い声が聞こえて来ます。
気がつくと、小形棟梁が寄り添うように立っていました。
『てきやさん、やっとここまできたなぁ ちょっと安心した』
ゆっくり、一言ずつかみしめるように語る棟梁の、
「・・・ここまできた・・・」という言葉が心に染みて、深く頷きました。
b0213209_0582530.jpg

そして慰労会では、無事に盛大に終わったお祭りの余韻に包まれながら、
以前にいつか一緒に釣りに行きましょうという話をした阿部副区長さんと
日本酒を酌み交わしました。
「まだ田んぼには津波による釘やガラスの破片などの小さながれきが
残っている。これを取り除かないと田畑の再生ができない。
塩抜きや放射能検査はやっているけど、この小さながれき撤去は
気の遠くなるような作業でなかなか進まないけど、反骨精神で
何とか頑張っている。山や田畑が荒れれば海もダメになる。
それをくい止めたいんだ。でも、農業を続ける気力を失った人たちもいる。
震災のダメージってまだまだ大きい。」
そのようなお話しを伺いました。てきやは、田畑のいろいろな
お手伝いを是非、是非やらせて下さいと返しました。

これからは、大原には、災害が起きてしまったら真っ先に駆けつけたいし、
農業・漁業の手伝いや、お祭りで再び、たこ焼きを焼きに行ったり、
御神輿を担いだり、仲間として大切な人たちに会いに行くというかかわりを
ずっと続けて行きたいとおもっています。
b0213209_0564212.jpg

そして・・・これまでとかかわりかたが変わることもあり、
ボランティアチームとして活動してきた「てきやチーム」は解散します。
また、今後のてきやのボランティア活動については、チームではなく、
有志という形を取りながらまだまだがれきと泥が残る、
南相馬市での活動に重点を絞り、継続的に且つ、精力的に続けて行くつもりです。

南相馬市、石巻の大原も含めて、まだ心災と震災は続いています。
まだ道の途中・・・出逢いとかかわりに感謝しつつ、自分らしい生き方をとおもっています。

『 遙かなれり 大原!』  てきやこと清田和男
[PR]
by aoesupport | 2012-07-21 00:59 | 活動報告など