2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

てきやさん報告~石巻大原御柱祭

2月11日に震災以来やっと行われた御柱祭の報告です。
一歩ずつ少しずつ、震災前の行事ができるようになってきております。

+++++++++++++++++++++++++++++++

『遠くにいる隣人』

2月の連休の11日に大原のお祭りに参加してきました。(^-^)
昨年は震災の影響でできなかったこともあり、大原の人たちの
いろいろなおもいがつまっていたお祭りでした。
御神木と太鼓と笛と獅子舞が乗った山車を引くお祭りです。
b0213209_22381355.jpg

準備から当日まで大原の人たちと共に、楽しくいい時間を過ごすことができました。
山車を引っ張る縄に紅白の布を巻いたり、棟梁にしごかれながら、
山車をヤスリで磨いたり、平さんの手料理、(牡蠣がすごくおいしかったです。)
b0213209_22383489.jpg

お祭り当日は、拍子木を持ち、進む・止まるを知らせる役をさせて頂き、
楽しかったです。お祭りが終わり、阿部副区長さんが包み込むような
笑顔で御神酒をてきやに下さって、じわじわっとうれしさがこみ上げてきました。
b0213209_2239030.jpg

ボランティアとは何かと最近よく考えている自分がいる。 
これまで、気がついたら、気持ちのままに、大原と南相馬に
足を運んでいる自分がいた。大原では心のつながりができ、
南相馬は理不尽に瓦礫が置き去りになっているので、
見過ごすことが自分はできない。
b0213209_22395463.jpg

だからこれからも、気持ちの赴くまま東北へ足を運ぶ。
いずれにしても「してあげる・してもらう」という季節は過ぎた感がある。
この活動とかかわりは生き方と人間性がダイレクトに問われていると感じる。
b0213209_22393433.jpg

今、頂いた心の恵みを強く感じている自分がいる。
てきやも41歳になり、精神・身体的にもガタがきている。
気持ちとは裏腹に、自分はいつまでこの活動を続けられるかなぁとおもう。
でもこの活動の中に、自分が生まれた意味とやりかたかったことと、
貫きたい生き方と望んでいたぬくもりとふれあいがそこにはある。
生まれて・・・お金持ちになること、出世することが、自分の人生のゴールではない。
遠くにいる隣人として、これからも東北の人たちと自分の個性を活かして
心と心のキャッチボールを続けていきたい。

精神・身体が続く限り         てきやこと清田 和男
[PR]
by aoesupport | 2013-02-20 22:30 | 活動報告など