2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

カテゴリ:支援物資 ・活動情報( 13 )

やっさんです

今日のニュースでフィリピンのネグロス島を中心とするM6.9の地震があったようです。
先日の台風はフィリピン南部、今度はセブ島なども近い中部における地震です。
イロイロも遠くはないので、ビリアフロアは大丈夫でしょうか?
AOEにかかわってきたメンバーにとってはフィリピンは懐かしくもあり、
青春のかなりの部分をささげた場所でもあります。
b0213209_14312667.jpg

ミンダナオ島のロゼさんには先ほど電話をしたところ、
ウサミス市で会議がありそこに司祭さんが集まっていましたが、
それほど揺れなかったようです。そうなると直下型の地震になります。
ネグロス島・セブ島などがかなり揺れたかと思われますが、
貧しい家ほど壊れているかもしれません。

皆さんのネットワークで情報を集めて、また発信していきたいと思います。
大学生時代にフィリピンで感じた恩義を返すチャンスでもあります。
恩を返さないことではフィリピンではワランヒヤと言われてしまいます。
こうして、恩と感謝がつながっていけば、人は助け合うことで
生き続けることができるのだと思います。

情報がはいりましたら、お知らせください。

◎川中GOちゃんより情報です。ありがとう!

基本的には報道がネグロス発のものしかないので、
他の地域の被害はそれほど大きくはないと思います。
現在のところ政府の公式発表で、死者の数は26名、
行方不明者が71名となっています。
行方不明者はネグロスの二つのバランガイが
土砂崩れで埋まってしまったことによるもののようです。
[PR]
by aoesupport | 2012-02-06 22:00 | 支援物資 ・活動情報
やっさんです。

明日の土曜日日曜日でDRT2001が行われます。
このDRTとは、誠ちゃんやその震災関連ボラ仲間で行われる、
いざと言う時に重機や道具を使えるボランティアを育てようと、
中越震災後、不定期に行われている講習会です。
私も新潟県で行われたものに参加したことがあります。

誠ちゃんたちは、次に起こる大災害にも目を向けております。
今回はアナウンスが遅れましたが、興味のある人は
次回などもありますので、お問合せください。
b0213209_1241229.jpg

そこに私は看板屋さんとして、ステッカー・マグネットを作って
送っております。誠ちゃん、がんばってくださいね!

今回のDRT2001の詳細はこちらになります。
--------------------------

動力機材等を活用した災害ボランティア講習会
【DRT2011宮城山元】-Disaster Relief Training 2011-

◆趣  旨:
我が国は多くの海溝プレートに挟まれ、加えて全国各地に多くの活断層が
存在しています。大昔から大地震との闘いの歴史でもありました。

近年に目をやれば1995年、阪神・淡路大震災が発生、そして延べ
130万人といわれる多くの市民が被災地に駆けつけ、機能が麻痺した
行政に代わって活躍し、ボランティア元年と称され、その後、念願で
あったNPO法の成立などにも大きな影響を与えました。

それ以降、地震に限らず台風などによる水害でもボランティアが活躍を
しております。そして今年発生した東日本大震災。M9.0という
日本における観測史上最大の震災は、大津波により東北沿岸地域に
壊滅的な被害をもたらしました。その復旧の多くは住民相互によって、
或いはボランティアの「人海戦術と人力作業」等によって行われています。

しかし作業の効率性・安全性を考えた場合、動力機械による作業の
必要性も強く感じるところであり、今回の震災でも、一部では重機、
動力工具の取扱技能をもったボランティアが、災害系NPOなどの
現場コーディネーターの指示のもと、効率的な活動を展開していました。

阪神・淡路大震災以降、災害ボランティアセンターでのコーディネーター
の養成は社協を中心に多くの団体においても行われてきましたが、
ボランティアが実際に活動する被災現場でのいわゆる
「現場コーディネーター」の養成は全く行われておらず、
この度の震災においても、作業の非効率さが指摘されています。

このたびの震災、そしていつ起こるかわからない大規模災害に備え、
チェーンソーやパワーカッターなどの動力機械を使った、一歩進んだ
専門性を兼ね備えたボランティアの育成も必要ではないかと考えます。

特に水害でのボランティア活動は重機などの機械力と人海戦術を
取り混ぜた効率的な活動が、炎天下でのボランティア活動において
安全面・健康面からも、とても重要であると認識されています。
これらの動力機械の使用にはより危険が伴います。

本講習会は、資格の取得や認定を目的としたものではなく、あくまで
動力機材の操作等を体験・学習することにより、その技術力や効率性を
再認識し、それぞれの団体・個人の知識を深め、専門性を兼ね備えた
ボランティアによる、より高度な災害系ボランティアの養成と併せて、
現場のコーディネーターの育成と、発災直後の自助・共助の時間帯
による救援活動の一助となることも目指しております。

◆会 期:
2011年11月12日(土)13日(日)
12日08:30~16:00(昼休み1時間・途中休憩あり)
13日08:30~12:00(途中休憩あり)
※見学自由(ただしご連絡を)

◆開催場所:
宮城県亘理郡山元町山寺字浜163普門寺内 「テラセン」とその周辺

◆募集定員:
約30名

◆主 催:DRT2011宮城山元実行委員会
◆共 催:一般社団石巻災害復興支援協議会

◆実行委員会構成・協力団体
・おてら災害ボランティアセンター 「テラセン」・特定非営利活動法人 ドリームゲート
・技術系災害ボランティアネットワーク・風組・天理教ひのきしん隊

◆会場協力:曹洞宗普門寺

◆特別協力:
・普門寺 会場提供・日本財団 機材貸与ほか・ヤマヤ物産 炊き出し機材貸与ほか
・東京パイオニア チェーンソーほか・その他現在検討中

◆DRT2011実行委員会事務局(参加申し込みはメールにて)
・住所:宮城県亘理郡山元町山寺字浜163普門寺内
・電話:080-3303-3120・FAX:022-399-8397
・akatsukivn@gmail.com

◆講師:
・技術系災害ボランティアネットワーク・ヒューマンシールド神戸
・SVTS風組・BRA「風」・ひのきしん隊・ディー・コレクティブ ほか

◆講習内容:
・チェーンソー(救援・救出、流木処理、水害時の床はがし)
・エンジンカッター・エンジンピック・重機操作
・ジャッキアップ技術(救援・救出)
・牽引機材の使い方(救援救出・二次災害防止策)
・土嚢袋の活用・災害時のロープワーク その他・その他特殊工具など

◆講習会参加料:
・1000円 (当日徴収)

◆その他:
①現地集合、現地解散亘理郡山元町山寺字浜163普門寺
②服装は、本講習会に相応しい格好で(ヘルメット・手袋・安全靴・防塵マスクは必携)
③ボランティア保険・傷害保険等は各自にてお願いします。
④水分、炊き出し以外の食料は各自で用意下さい
⑤雨天でも実施しますので各自雨具の用意を

※既に災害ボランティアの経験のある方の技術向上、或いは未だ被災地
でのボランティアの経験のない方など、どなたでも参加できます。
[PR]
by aoesupport | 2011-11-11 11:30 | 支援物資 ・活動情報
やっさんです。

11月に入り震災から8ヶ月を迎えようとしております。
柳澤のんちゃんが、企画していました牡鹿半島大原での
炭焼きプロジェクトが11月の初めに巨大な炭焼き機械を
3台設置してスタートしました。

地域の産業になるかどうかは、まだわかりませんが、
材料となる材木などは山にも瓦礫にもありますので、
広告宣伝しだいでは、被災地の復興に役立つ可能性もあります。
早速、誠ちゃんのブログに写真が載っていましたので、転送します。
b0213209_11374040.jpg

昨晩のTVでも南三陸の漁師さん村の復興計画をたどった番組がやっていました。
茨城・福島・宮城・岩手・青森まで500キロに渡っての被害ですから、
全ての場所で公平な復興計画が進むのは難しい話です。
縁あって、石巻、牡鹿大原を活動の中心にさせてもらっていますが、
その地域で復興の芽が見え始めれば、大原の隣の港・集落、
石巻市内、宮城県内と他の地域の参考にも必ずなるはずです。

できる事からやっていくしかありませんので、サポートチームの皆さんも
ぜひとも、ご協力をよろしくお願いいたします。
大原復興焼き炭を販売してくれる方、宣伝してくれる方、購入方法など
考えてくれる方はいらっしゃいませんか?今、自分がしている仕事を
役立たせるには良いチャンスだと思います。よろしく!!!
[PR]
by aoesupport | 2011-11-07 11:00 | 支援物資 ・活動情報
週末に牡鹿に入って活動していたてきやさんから
今週末にも牡鹿大原で作業をするということで
参加者募集のお知らせがきました。
作業内容は色々ですが、女性でも子供でも
できる作業はあります。あまり寒くならないうちに
現地の様子を見たい人がいましたら、ぜひ参加してください。
--------------------------
いつもいろいろありがとうございます。 てきやです。

大原でたくさん写真を撮ってくれたり、お肉を提供したり、焼いたり
してくれている高橋さんから実家の解体に伴い、畳や家財道具等の
運び作業を依頼されました。
瓦は、大原神社の再建に使うかもしれないとのことです。
おそらく週をまたいでの複数回の作業となる見込みです。
90坪の2階建ての家で畳だけでも50枚以上あるそうです。
b0213209_8303885.jpg

大原の石森区長も『お願いします。』
とのことですので、皆様一緒に共同してやっていきましょう。
ひとまず5日から動きます。
今の予定メンバー:てきや 荒木はじめちゃん 小西さん
もうちょっと人が増えたらうれしいです。
タイムテーブル4日夜 東京発
5日夜中 大原センターで仮眠
5日朝 センターで高橋さんと合流
高橋さんの会社へ行き、ダンプを2台借りる。
(人が増えれば乗用車もプラスかな?)
6日 未定 (てきや的には、お昼には帰途というか石巻市内にいたいです。)

もし一緒に活動できる方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致します。
てきや
--------------------------
参加できるかもという人がおりましたら、てきやさんに連絡するか
こちらのブログにコメントいただくか、私に連絡下さい。
まだまだ、人の手と心が必要とされている被災地復興です。
[PR]
by aoesupport | 2011-10-31 23:30 | 支援物資 ・活動情報
やっさんです。

b0213209_1610630.jpg

HS神戸の誠ちゃんサポートということで、日本聖公会立川パトリック教会での
復興支援コンサートのVol.2が明日行われます。
現地に行かずとも、こういった支援に参加することもできますので、
お近くの方はぜひ足をお運び下さい。
しかも、今回は3週連続開催ということで、通しチケットも販売されるようです。

詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。
http://www.nskk.org/tokyo/church/patrick/patrick/page018.html

立川パトリック教会の皆様、ありがとうございます。
[PR]
by aoesupport | 2011-08-27 16:00 | 支援物資 ・活動情報
やっさんです。
先日、柳澤のんちゃんが報告してくれた
無線LAN環境を大原と小渕浜に準備するという話ですが、
さらにのんちゃんが頑張ってくれました。
b0213209_1051138.jpg

大原のセンターにノートパソコンが届いたようです。
誠ちゃんのブログから写真借りました。

こちらも震災における復興事業をしている団体への申請で実現したものです。
次は、このパソコンを使って、何ができるかがポイントとなります。
皆さんも、何かアイデアや良い知恵がありませんでしょうか?

例として小渕浜から少し離れた田代島では「にゃんこ・ザ・プロジェクト
と呼ばれる、復興活動が行われております。もともと猫の島として観光誘致を
しかけていた島ですが、さらなる復興には猫の手も借りたいという所でしょうか。
それでも、復興基金は全国の猫好きな皆様から集まっているようです。
こんな仕掛けができる人、AOEのメンバーにいるんじゃないかなあ?
[PR]
by aoesupport | 2011-07-25 10:30 | 支援物資 ・活動情報

フォークリフトの話

やっさんです。
漁港に必ず必要なものは船です。漁師さんは船を守るために、
あの地震が起きたとき、沖に船を出航させたそうです。
そのおかげで、船はだいぶ助かりましたが、港に置いてあった
車やフォークリフトはほとんど流されてしまいました。

漁に出て魚を獲ってきても、その運搬・加工等のためには
フォークリフトが必要だということで、誠ちゃんのブログにも
フォークリフト支援金募集の記事が載っていました。
たとえば、サポートチームで活動している小渕浜には
震災前60台のフォークリフトがあったのですが、
今は2台しか残っていないということなのです。

私はそこで、日本にある各フォークリフトメーカー4社に
フォークリフトの無償貸与のお願いをしてみました。
無論、だめもとですが何かしなければ事は起きません。
2社は現状の説明をメールでいただきましたが、協力は
難しいということでした。

まあ無理な話ではあるよなと、あきらめていたところ、
K社の仙台支店の方から、携帯に電話をいただきました。
車種を決めることはできないが、2台のフォークリフトを
小渕浜のある表浜支所に持っていきますという話でした。
なんということでしょう!?
話を聞きますと、もともと、宮城県漁協に贈るようにフォークリフトの
支援要請が来ていたこと、表浜支所近くの仮設住宅を建設した
工事業者からも同じ地区での支援要請があったこと、そして、
我々ボランティアからも支援要請があったことが重なったため、
表浜支所にフォークリフトを運ぶことを決定したということです。

K社さんにはフォークリフトが余っているのかというと、
そんなことはまったく無く、今回の震災で1500台が流されてしまい、
今も数はまったく足りてはいないが、漁業復興のための協力も
欠かせないということで、支援はしていくということでした。
この話を漁協の委員長さんにしたところ、本当に喜んでいました。

ただの偶然が起こした出来事ですが、偶然を生むのには
それを動かす力、あきらめない力も必要なのだなと感じました。
皆さんにも、まだまだあきらめない力があると思っています。
(K社とは米大リーグの松井君を応援している建設機械の会社です)
[PR]
by aoesupport | 2011-07-21 00:00 | 支援物資 ・活動情報
柳澤のん です
現地での情報の発信と収集をする為、インターネットが自由に使える
無線LAN(WiFi)のポイントを要請しました。
予定では今月中に大原生活センターと表浜漁協センター2階、
そしてせいちゃんのボラ仲間の拠点南境生活センターに設置します。
牡鹿半島地区の無線LAN は衛星回線でのインターネット回線で
スカパーが総務省の予算の元、災害支援の一環としてやっているサービスで
南境生活センターのは独立行政法人情報通信研究機構の被災地における
インターネット無線LAN環境の構築という研究を現地に入れてもらう事にしました。

現地住民と石巻市、ボランティアと行政の間を仲介したら、実現となりました。

あの漁師さん達や牡鹿の人々ががskypeやfacebook、mixiやyoutubeで
世界中の人達に情報を発信してゆくなんてチョット良いと思いませんか?
次はPCとそれを教えてあげられるボランティアを募集しなければ
ならないかもですね、もちろん我々ボランティアも現地からの発信を
積極的にしていかないといけませんね。
[PR]
by aoesupport | 2011-07-15 21:16 | 支援物資 ・活動情報
AOEメンバーの多くがお世話になった立川の聖パトリック教会では
定期的に復興支援のコンサートを行うことになりました。
明日、その第一弾が行われます。お近くの方はぜひご参加下さい。
--------------------------------
せいちゃんより、

聖パトリック教会では震災復興に向けてその支援のコンサートを
開催することにいたしました。
その第一弾を以下の日程で開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。
今後も 9月4日 9月11日 11月26日 に開催予定です。

◎【聖パトリック教会 震災復興支援 コンサート Vol.1】
日時:6月26日(日)15:00~
会場:聖パトリック教会礼拝堂  入場料:2,000円
出演:西垣 恵談 (VI)・Hirochi (Mar)栄  恵
曲目:チャルダッシュ、星に願いを、G線上のアリア など

チケットは当教会の 菅原司祭 まで
コンサートの収益は、 ヒューマンシールド神戸 に寄付させていただきます
教会ホームページ:
http://www.nskk.org/tokyo/church/patrick/patrick/page018.html
日本聖公会 聖パトリック教会(Nippon Seikoukai St.Patrick’s church)

住所:立川市羽衣町3-15-24
3-15-24 hagoromocho tachikawa-sity Tokyo
TEL&FAX 042-523-1672
【徒歩】JR南武線西国立駅下車 改札を出て右方向へ。
すぐそばの 歩行者専用踏み切り を渡り 即左へ、後直進
[PR]
by aoesupport | 2011-06-25 18:30 | 支援物資 ・活動情報

6月10日こもゆう組出発!

やっさんです。

金曜夜からの出発で、今週もこもゆうチームが石巻・牡鹿に向かいました。
埼玉県の蓮田SAに立ち寄れるので、さいたま市在住の私やっさんは
何かあると、そこで落ち合って色々運んでもらい助かっています。

今回は前の記事で書いた、モンスターハエ退治マシーンを託しました。
いっしょに、日本財団さんからいただいたROAD PROJECTのシールを
マグネット仕様に制作して、せいちゃんの分も含めて渡しました。
そして、明日が月命日ということで、お花を少し持っていってもらいました。
このお花は、できればサポートチームから供えて欲しいと思っています。

今までは、お花を現地の人に渡して、現地の人が供える用のお花としていましたが、
3ヶ月がたち、私達が亡くなられた牡鹿の方々にお花を手向けることも、
意味のあることになっていると考えます。共に生きていくという意味かな?
あの大震災が無ければ、会う事もなかった人々に出会えました。
今後もボランティア活動は続きますし、付き合いも強くなるかもしれません。
そんな人たちと、色々なものを共有していくためのステップと考えます。

b0213209_9503161.jpg

写真一番右が、影のリーダーちせちゃん・その隣がこもゆうさんです。
残り3名は2回目の参加ということでした。頑張ってきてくださいね。
[PR]
by aoesupport | 2011-06-10 23:30 | 支援物資 ・活動情報