2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

カテゴリ:ありがとう!( 20 )

やっさんです

6月にはいり九州から順番に関東も梅雨入りしました。いまだ仮設住宅も完成していない熊本被災地にとってはきびしい季節がやってきてしまいます。今まで起きた大地震においては、季節の天候によりいつまでにこの支援をという展開がありますが、この熊本地震に関しても梅雨までに住まいと崩壊住居の対策が必要とは思いながらも、あまり大きな展開が見られないままのようです。こうなると九州地方に大雨が降らない事を祈るばかりですが、地震も天候も人智のおよばない範囲ですのでせめて二次災害のないように活動中の誠ちゃんは気をつけてください。

誠ちゃんの応援のために申請しておりました日本財団による「平成28年熊本地震災害に関わる支援活動助成」が決定いたしました。①誠ちゃんの仲間達が日々行っている重機や道具を使ったボランティア活動への人材派遣・消耗品・物資等の補給支援活動。②広報活動としての車両用マグネット・ステッカー等の製作配布を事業内容として申請しております。予算は上限の100万円となります。

東日本大震災のときも日本財団の助成金とHS神戸サポートチームの皆様からの支援金のおかげで、災害発生時より多くの支援を行うことができました。今回の地震においてはその地理的要因から少しはなれたところからの支援活動がメインとなるかもしれませんが、サポートチームでこれからボランティア活動を行うために現地入りしたいという方がおりましたら、支援が可能になりますのでご連絡ください。次に起こる災害のために今できることをしていきましょう!
[PR]
by aoesupport | 2016-06-08 00:30 | ありがとう!
サポートチームの皆様、やっさんです。

長野で起こった地震の支援活動のために現地入りしていた
誠ちゃんとその仲間たちのテクニカルサポートチームも
現地を解散し来年の春まで冬篭りにはいったようです。
誠ちゃんの活動はブログやfacebookなどでも確認できました。

その中で要請もありましたので、HS神戸サポートチームで
使い道を考えておりました皆様からの支援金を送金しました。

①古民家再生プロジェクトのために450,000円
誠ちゃんから前から要請のあったものでしたが、この年末に
活動を再開するにあたり、必要だと言う事でタイミングよく
送金することができました。

②長野地震の支援活動費として100,000円
こちらは、東日本大震災の支援金の使い道としては違いますが、
方向性としてHS神戸の活動をサポートするチームの支援金
ということで判断させてもらい、緊急措置で送金しました。
b0213209_314750.jpg

この送金で、皆様から支援していただいた支援金は
ほぼ無くなりました。長い間、有効な活用方法が見出せずに
送金が遅れてしまったことをお詫びいたします。

てきやさんが活動報告として、このブログを利用してくれているので、
まだこのブログは継続させる予定です。
長野地震の記事なども載せればよかったのですが、
最近はSNSでの発信が多くなってきて、2重の発信も手間取ります。
それでも、たまに記事が更新されますので、皆様もたまにのぞきに来て下さい。
写真は先日の長野地震時に誠ちゃんに送ったマグネットステッカーです。
[PR]
by aoesupport | 2014-12-14 03:00 | ありがとう!
やっさんです。

てきやさんの三熊野神社の記事から更新が滞っておりました。
そして、8月の暑さも少しやわらぎ、9月にはいってしまいました。
9月11日で東日本大震災から1年半を迎えることになります。

HS神戸サポートチームとは、せいちゃんの被災地での活動を応援する
と同時に、できる人が力をあわせてやれることをやるために作ったチームです。
われわれの母体であるAOE関係のメンバーを中心に何かできるだろうとはじめ、
いいのんちゃんが先陣を切り、ひろみのだんなさんでもあるこもゆうがチームをつくり、
AOEのてきやがチームを作り、活動を続けてきました。

1年半の中で、こもゆうチームは多くのメンバーが集まり、その中で自主的に
被災地での活動を熱心に続けるようになり、チームから独立していくことになりました。
いいのんちゃんは、個人の力で様々なことにチャレンジして、今でも被災地で地元で
活動を続けてくれています。てきやチームは、前回の記事でチームとしては解散し、
今後はてきやと友人でできる限りの活動を続けていくようです。
私は個人的な理由もあり、後方支援と広報活動につとめることしかできませんでしたが、
看板屋さん仲間や地域の活動仲間などにも、ボランティア活動を少しは
広めることができたかなと思っております。

何でも良いので記事を集めて、ブログだけを更新するということもできますが、
実際、7月からてきやさんがチームとして活動しなくなってからは、
HS神戸サポートチームとしては実際の活動がみえなくなっておりました。
力をあわせて乗り切らなければ、乗り越えられないと考えたこの大震災ですが、
個人で活動を続けられるようになり、時とともに力をあわせてチームで活動するより
もっと広く活動ができるようになったのかもしれません。

さて、今後どうしていくか?私個人で考えて決めてしまうわけにもいきませんが、
まずは1年半でいったん会計を集計し、サポートチームの活動を、まとめてみようかと
考えております。何か意見がありましたら、遠慮なくコメントいただければと思います。

1年半の間で、私個人の一番の変化は息子が生まれたことです。自分というものを
強く持っている私ですが、ただ、それだけのことで自分の感情や考え方に
大きな変化が生まれていることに驚いております。
ブログの最初の頃に、皆様にお知らせした歌がありました。「満月の夕」という曲です。
東日本の震災の映像にあわせて流れるこのPVですが、先日見返してみて当時は
感じえなかった心の動きを感じました。それぞれの1年半という時間があると思います。
震災から1年半を迎えるこの時に、再びあの曲をおくります。


[PR]
by aoesupport | 2012-09-03 21:30 | ありがとう!

あの時の1年目を迎えて

やっさんです

2011年3月11日14:46分、あの時を迎えようとPCの前におります。
ブログ発信が私の職務ではなく、本当はもっと現地で活動したかったのですが、
訳あって、6月より後方支援に徹する事になり、ブログマスターとして
今日もブログにてあの時を語っております。

1年は突然亡くなった家族や友人に対して、心が納得するには短すぎる日数です。
時間はかかるとは思いますが、いつかはみんなに笑顔が戻ってきますように。

合掌
[PR]
by aoesupport | 2012-03-11 14:46 | ありがとう!

震災後10ヶ月を迎えて

やっさんです。

昨日お知らせした吉村誠ちゃんの活動をおったTV放映は
他のニュースが多かったため明日に延期されたようです。
明日もニュースによっては予定変更もありということです。

震災10ヶ月目を迎えたこの日に、他のニュースの関係から
被災地復興のニュースが飛ばされる事にちょっと疑問を感じます。
10ヶ月を迎えた11日というのは1万人を越える犠牲者の月命日なのです。
ただ10ヶ月が過ぎたという記念日ではないと思うのですが、
それが地域による温度差だとすれば悲しいことです。

新聞では東北3県からの人口流出が止まらずに、石巻では
5千人以上の人が石巻市から出て行ったとのことです。
この数字は住民票を残しているひとをのぞいていますので、
本当はもっと大勢の人が故郷を離れているということになります。
夏まではこの地での復興を目指してきた人も、この年末年始をむかえて
このままで大丈夫だろうかという不安があるのではないかと思います。
失業保険もそろそろ終了し、義捐金も使い終わった日が来たら、
その後はどうなるのでしょうか?

サポートチームも冬場はやる作業がないため、毎週現地に向かう事が
少なくなってきています。それでも、時間を作って個人的に現地に向かって
くれている人もいますが、やはり動きが少なくなっています。
ここからが、本当の手助けになっていきます。震災1年を迎える時にこそ
本当の悲しみがうかびあがり、生活の不安がうかびあがります。
その時にこそ、手を貸し声をかける事が必要になってきます。
あらためて、サポートチームの皆さんの協力をお願いします。
自分にできることを、みんなで協力してやっていきましょう。
You'll never walk alone. 色々な意味があります。
[PR]
by aoesupport | 2012-01-11 22:00 | ありがとう!

2011年度の会計報告

ブログマスター兼HS神戸サポートチーム会計のやっさんです。

ブログ記事を読み返してみると、定期的な会計報告として
8月分のを後でしますと書いたまま、その後の月例報告を
していませんでした。御協力いただいている方々には、
大変失礼いたしました。この場を借りてお詫びして、
12月28日現在の会計報告をさせていただきます。

8月分 H・Nさん、Y・Tさんより御協力いただきました。
9月分 H・Nさん、Y・Tさん、Y・Tさんより御協力いただきました。
10月分 H・Nさん、Y・Tさん、Y・Tさんより御協力いただきました。
11月分 H・Nさん、Y・Tさん、Y・Tさんより御協力いただきました。
12月分 H・Nさん、Y・Tさん、Y・Tさんより御協力いただきました。
私個人としても毎月5,000円のカンパを続けております。

各月の活動記録はブログをご覧いただきたいと思います。
8月以降は復興支援のステージに向かうという事で、
緊急の重機派遣や車両派遣ではなく、人的派遣の活動や
復興支援企画の立ち上げ等進めてまいりました。
ただ、カンパをいただいている方々に目に見えるような復興の形が
提示できない事を申し訳なく感じております。

日本財団さんからの助成金91万円は8月までの緊急活動費として
全て使用させていただき、事業会計報告を日本財団さんにすませております。
現在、HS神戸サポートチームの活動資金としましては
60万円を越える金額がまだ残っております。
この資金の使い道に関しましては、来年も続く人的派遣の補助に使用する
とともに、吉村誠ちゃんを中心とする石巻活動の支援に使用していく予定です。
今後とも、皆様の継続的な協力をお願いしたいと思いますが、
それは資金面だけということではなく、様々な方面からの企画発案や
アドバイスをいただけることを期待しております。

年内のブログ更新はこちらで最後の予定になっております。
4月よりお付き合いいただきありがとうございました。
来年の3月11日を一つの区切りとして、まだ続けさせていただきますので、
来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎え下さい。やっさん
[PR]
by aoesupport | 2011-12-28 23:30 | ありがとう!

満月の夕(ゆうべ)

やっさんです。
文化の日の休日、皆様いかがおすごしでしょうか?
震災支援でお世話になっている聖学院大学の学園祭でも
大学で活動した記録が展示されて、多くの人が見てくれていました。
学生も自分のしてきたことを、きちんと人に説明してくれて、
小さな芽が育ってくれているように感じました。

それでも、これから冬を迎える被災地には
何かが足りないような気がします。それが何かは
難しいのですが、今日は歌を届けたいと思います。

阪神淡路大震災の時に作られ歌われた満月の夕です。



歌詞もこちらにのせておきます。

満月の夕
------------------------------------------
風が吹く港の方から
焼け跡を包むようにおどす風
悲しくて全てを笑う
乾く冬の夕

夕暮れが悲しみの街を包む
見渡すながめに言葉もなく
行くあてのない怒りだけが
胸をあつくする

声のない叫びは煙となり
風に吹かれ空へと舞い上がる
言葉にいったい何の意味がある
乾く冬の夕

ヤサホーヤ 唄がきこえる 眠らずに朝まで踊る
ヤサホーヤ たき火を囲む 吐く息の白さが踊る
解き放て 命で笑え 満月の夕

絶え間なくつき動かされて
誰もが時代に走らされた
すべてを失くした人はどこへ
行けばいいのだろう

それでも人はまた 汗を流し
何度でも出会いと別れを繰り返し
過ぎた日々の痛みを胸に
いつか見た夢を目指すだろう

ヤサホーヤ 唄がきこえる 眠らずに朝まで踊る
ヤサホーヤ たき火を囲む 吐く息の白さが踊る
解き放て 命で笑え 満月の夕

ヤサホーヤ 唄がきこえる 眠らずに朝まで踊る
ヤサホーヤ たき火を囲む 吐く息の白さが踊る
解き放て 命で笑え 満月の夕
[PR]
by aoesupport | 2011-11-03 15:30 | ありがとう!
やっさんです。

AOEといえばフィリピンやアジア地区での交流活動をしてきた
学生グループだったのですが、今はその活動も休止中です。
それでも、お世話になった現地の牧師さんは今も元気でいて
我々日本人の事をAOEの友人の事を心配してくれているようです。

メンバーのここばがFacebookでサンボアンガの主教ダニーさんの
メッセージを見つけてくれたということでお知らせします。

Hi, It is good to be in touched with you.
Of course I do remember you well. I was worried about
what happened in Japan's earthquake early this year.
I hope you and your family were not affected and
so with all our AOE friends. Take care and God bless you.
――― Danilo Bustamante

どんなときでも私達の事を心配し、
大切にしてくれるダニーさんに感謝してます。
きっとフィリピンだけではなく
今までステイしたところ全ての家族が心配していると思います。
こんな時だからこそ
Facebookという便利なツールを利用して
連絡を取ってみるのもいいかも知れません。(ここば)

なるほど!ありがとう!ここば。
[PR]
by aoesupport | 2011-08-22 23:30 | ありがとう!
やっさんです

8月11日、あれから毎月11日が来るたびにあの震災を思い浮かべている人も
多いと思います。TVでも特集しますし、現地の映像も流しますので
今年は被災地10ヶ所での一斉鎮魂花火が行われたようです。
b0213209_10365331.jpg

東京湾花火大会と同じ日程でしたが、その東京湾花火大会が中止に
なったことを聞いて、予定していた花火を被災地で打ち上げられないだろうか
という、シンプルな想いだけが、様々な人をつなぎ協力者を集め、
この日に実現したとTVで見ました。日本の花火は観光ではなくお盆の
この世とあの世をつなぐ時に必要なものだったのかとあらためて気がつかされました。

我々HS神戸サポートチームの活動もまだまだ続かせたいと思います。
ただ、5ヶ月を過ぎてやはり心の温度差を感じざるをえません。
これからは東北の復興に、ひいては日本の復興に日本人全員が
手をつないで向かっていかなければいけない時です。
何かしなければいけない、何かできることはないかと心がざわついていた3・11の
思いを、たまに思い出してみましょう。このブログの昔の記事でもいいです。
AOEのMLでもいいです。あの時、あんなに書き込みしてくれていたメンバーは
今、どんな思いで震災5ヶ月を迎えているのでしょうか?

一人が毎月2,000円の活動支援金を送ってくれたとしても、1万円になっています。
40人集まれば40万円です。これで何か現地で必要なものがそろえることが
できたかもしれないのに、何もしなければ、ゼロのままなんです。
「お金を出せる人はお金を出してください。お金は出せないけれど手を貸せる人は
手を貸してください。お金も出せない手も貸せない人は知恵と声を出してください。」
乱暴な言葉ですが、人の役割はそれぞれあります。何もしないという選択をとるための
言い訳を探すより、何かするべき理由を探すほうが、良くないでしょうか?
[PR]
by aoesupport | 2011-08-11 20:00 | ありがとう!
やっさんです。

少し遅くなりましたが7月の支援金と活動報告のお知らせをいたします。
前回までの発表と同じようにイニシャル名にてご報告させていただきます。

Y・Tさん、Y・Tさん、H・Nさん、ありがとうございました。
そして私も5,000円だけですが支援金を振り込みました。
先月とまったく同じメンバーから支援金をいただいております。
私の広報不足か、活動の報告不足なのか、色々な理由もあるとは
思いますが、人の和が広がらないのがちょっと残念な感じがあります。

皆様からいただいた支援金の7月の活動報告も以下に記します。

・7月の期間週末を中心に延べ20名以上の人員を現地に派遣できました。
 連休を利用して、神戸からアポックが、北海道から横溝さんが参加しました。

・こもゆうチームはほぼ毎週継続的に石巻市大原に入ってくれて、
 大原地区の方々とより深い関係性を築いてくれました。

・大和園さん関連の重機隊が活動しました。

・いいのんちゃんの働きで、牡鹿半島の大原と小渕浜に、
 また誠ちゃんが拠点としている石巻市南境センターに無線LAN設備を
 導入することができました。さらにはパソコンの提供を受けることもできましたので、
 ひろみちゃんの父上が早速メール等のレクチャーに行ってくれました。

・コマツ様からの提供で小渕浜に2.5tのフォークリフトを贈る事ができました。

・その他、生活用品・お花など様々な物資を現地に送ることができました。

石巻に入っている他団体も7月からは、緊急支援から
生活復興支援にシフトしているところが多くなっております。
HS神戸サポートチームの活動も、それに準じた動きになっております。
8月で緊急支援のためのプロジェクトは、日本財団さんの支援金を
まとめるとともに、次のステップに向かう予定です。

現地の人の心のよりどころである神社・寺院修復プロジェクト!
生活を立て直す産業の基本である漁業再生プロジェクト!
暮らしの充実をはかる生活用品電化製品配布プロジェクト!
リクリエーションなどで心を豊かにするエンタメプロジェクト!

など、広く皆様からも意見と支援をいただきたいのです。
まだ、震災から5ヶ月もたってない中で、心配なのは皆様の
関心の大きさ・深さなどに差があることです。
心の温度差とも言われますが、まだまだ手を広げる意味はあります。
せめて、無関心にだけはならないようにしてほしいと願います。
[PR]
by aoesupport | 2011-08-05 23:00 | ありがとう!