2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2011年度の会計報告

ブログマスター兼HS神戸サポートチーム会計のやっさんです。

ブログ記事を読み返してみると、定期的な会計報告として
8月分のを後でしますと書いたまま、その後の月例報告を
していませんでした。御協力いただいている方々には、
大変失礼いたしました。この場を借りてお詫びして、
12月28日現在の会計報告をさせていただきます。

8月分 H・Nさん、Y・Tさんより御協力いただきました。
9月分 H・Nさん、Y・Tさん、Y・Tさんより御協力いただきました。
10月分 H・Nさん、Y・Tさん、Y・Tさんより御協力いただきました。
11月分 H・Nさん、Y・Tさん、Y・Tさんより御協力いただきました。
12月分 H・Nさん、Y・Tさん、Y・Tさんより御協力いただきました。
私個人としても毎月5,000円のカンパを続けております。

各月の活動記録はブログをご覧いただきたいと思います。
8月以降は復興支援のステージに向かうという事で、
緊急の重機派遣や車両派遣ではなく、人的派遣の活動や
復興支援企画の立ち上げ等進めてまいりました。
ただ、カンパをいただいている方々に目に見えるような復興の形が
提示できない事を申し訳なく感じております。

日本財団さんからの助成金91万円は8月までの緊急活動費として
全て使用させていただき、事業会計報告を日本財団さんにすませております。
現在、HS神戸サポートチームの活動資金としましては
60万円を越える金額がまだ残っております。
この資金の使い道に関しましては、来年も続く人的派遣の補助に使用する
とともに、吉村誠ちゃんを中心とする石巻活動の支援に使用していく予定です。
今後とも、皆様の継続的な協力をお願いしたいと思いますが、
それは資金面だけということではなく、様々な方面からの企画発案や
アドバイスをいただけることを期待しております。

年内のブログ更新はこちらで最後の予定になっております。
4月よりお付き合いいただきありがとうございました。
来年の3月11日を一つの区切りとして、まだ続けさせていただきますので、
来年もよろしくお願いいたします。良いお年をお迎え下さい。やっさん
[PR]
by aoesupport | 2011-12-28 23:30 | ありがとう!
12月のてきやチーム活動報告

『汲めども尽きぬ・・・・・・・』
今回のメンバーは、てきやチームからイッチー、はじめちゃん、やまちゃん、
みっちゃん、AOEのカッキーさん、カメラマンの小西兄貴、てきやの7人
それとプラス千世ちゃんと大原の人たちで活動しました。

土曜日は、来年の3月いっぱいで大原災害対策本部の解散に伴い、
吉村誠ちゃん管轄の元、ボランティアの活動拠点として位置付け
られている空き家の片付けを行いました。
夜は、はじめちゃん創作の『トマト入りおでん』が好評でした。
b0213209_23335543.jpg

日曜日は、仮設住宅の壁にクリスマスイルミネーションの装飾の
お手伝いをしました。 瓦礫の撤去や泥出しの方が似合う男たちが、
慣れない手つきで飾り付けの配置を考えながら、ハートの照明も
やまちゃんが型どり、『夜の点灯が楽しみだね』
と仮設住宅に住んでいるの人たちと笑顔で語らいました。
こんな時間もいいなぁと感じた楽しいひとときでした。
b0213209_23342724.jpg

小西兄貴が大原へ正月に挨拶に行く話しをしていて『てきやさんも
正月においで』という話しになり、正月は大原へ遊びに行くことにしました。
いつも手料理を作ってくれる平さんが、仮設住宅に泊めて頂き、
料理を作って下さるそうです。 寒いけど心は暖かい、
楽しい日本酒まみれのお正月になりそうです。

あと、今回、てきやはこもゆうチームの人たちがよく招かれている
お宅に初めておじゃましました。そこの家族の人から、震災直後から
今の気持ちを伺いました。 『こんなに素直な気持ちのこもった話を
自分なんかが聴かせてもらっていいのかな』って戸惑いながらそこにいました。
守秘義務があるので内容は伝えられませんが、今回の津波による
喪失感の大きさにただとまどい、話してもらえたことを噛み締めて、
今後も活動を続けていきたいと改めておもいました。

こうして石巻の牡鹿半島の大原の人たちと過ごせる時間が
とてもいとおしいと感じている自分がいます。
そして・・・関係者各位及びてきやチームへカンパ及び心を
寄せて頂いている方たちとこれを読んで頂いているすべての方たちへ

『・・・みんないなくなっちゃったんだ・・・』 今回てきやが聴いた言葉です。

瓦礫は1箇所に集められ、壊れた家も取り壊され、更地が目立つようになりました。
そこには、汲めども尽きぬ憂いやかなしみが横たわっています。
瓦礫や泥だしの撤去は終わろうとしています。でも、だから、終わりなんだ、
解決したんだってどうか思わないで下さい。自分の力は微力だけど
もっともっと話を聴きたい、そうおもいはじめている自分がいます。

汲めども尽きぬ憂いやかなしみに・・・心の傷の深さに、さみしさや孤独に・・・
自分はこれから何ができるだろう・・・


瓦礫の撤去や泥出し、家の片付けはなくなっても、それ以上に
大切なかかわり続けること、話を聴くこと、共に生きること、
心のいたみやよろこびやかなしみをわかちあうこと、
そういうことの大切さを自分は今実感しています。
この活動を通して自分は、大切にしたいことや人にめぐりあい、
心のつながりの大切さを改めて学んだような気がします。
b0213209_23345999.jpg

そして・・・出逢い、かかわり、また会いに行ってかかわるというプロセスを
僕は大切にしたいので、来年もしばらく活動を続けます。
どうかこれからも活動へのご理解ご協力をよろしくお願い致します。

てきやこと清田和男
[PR]
by aoesupport | 2011-12-26 23:50 | 活動報告など
やっさんです。

毎月一回のてきやさんチームの定例ボランティアが
今週末に予定されています。
こもゆうチームからの参加者もあり、AOEのカッキーも
参加するということで、6名で現地に向かうようです。

週末寒さの底が日本列島に訪れるようですから、
体調には気をつけてくださいね。
5月よりボランティアの私たちが宿泊させてもらっている
大原公民館も3月には地元住民が平時に使う場所にもどるかも
しれないということで、誠ちゃんなどと新しい拠点を考え、
今回、そちらでの作業もあるかもしれません。

この忘れることのないであろう2011年はあと半月で
終わろうとしていますが、すぐに2012年はやってきます。
来年はサポートチームもどんな活動ができるのか?
皆さんの協力を得ながら、考えていきたいですね。
[PR]
by aoesupport | 2011-12-15 22:30 | 今週の予定
やっさんです。

最近ブログの更新が少なくなり申し訳なく思っております。
このところ、仕事や引越しなど忙しい状態だったので、
なんとも動きが取れませんでした。

おとといの誠ちゃん(助さん)のTV画像でも言っていたように、
これからは風化との戦いになると思っております。
できるだけ、震災関連の記事をUPしながら、
せめて3月までの1年間は皆さんの意識を繋ぎ止めたいと
思っていますので、よろしくお願いします。

今日は石巻牡鹿半島の現地に震災後行った方ならば
ちょっと、悲しくなる映像かもしれません。
誠ちゃんの仲間、クロさんのブログにも紹介されていたので、
そちらから転用してお見せします。
震災前の桜の頃の牡鹿半島表浜の様子です。



3分18秒:小渕浜漁協事務所
5分51秒:大原浜付近
7分02秒:大原公民館
[PR]
by aoesupport | 2011-12-14 11:00 | ボランティア情報
やっさんです。

誠ちゃんからのお知らせです。
震災復興活動をしている誠ちゃんを追いかけ続けてきた
フジTV系での放送が本日予定されています。

12月12日(月)フジテレビのスーパーニュース17時〜で
私たちのボランティア活動様子が紹介されます!二回に
分けて放送される予定で12日は地震と台風被災地の金華山神社です。
震源地に近い金華山の地震と台風被災地での私たちの活動が紹介されます。

まだまだ頑張っている誠ちゃんを見るチャンスですからお見逃し無く!
(局の事情で放映がなくなった場合はご了承下さい)
[PR]
by aoesupport | 2011-12-12 08:30 | 報道掲載記事
やっさんです。
早いものでもう12月になりました。今年もあと一月で終わりです。
3月の大震災以来、なんとも大変な年になりましたが、
それでも、我々は元気に生活できております。
放射能で体を壊したわけでもなく、日本全体の経済が落ち込んで
生活できなくなったわけではなく、きちんと生きております。
そうならば、この大地震で被災した人々に、もう少しだけでも
目を向けて、力を与える事はできないかと考えています。
あと一ヶ月の2011年はまだ動き始めるチャンスがあります。
てきやさんチーム11月末の活動報告です。
----------------------------
高橋さん実家片付け隊(てきやチーム)
『引き継がれていく想い』
11月26日 こもゆうチームからバトンを受け継ぎ、
大原の高橋さんの実家の片付けを行ってきました。(ほぼ終了)
今回のメンバーは、男性陣がてきや、イッチー、はじめちゃん、
やまちゃん、斎藤さん、みなみさん。女性陣が宮澤さん、みっちゃん、
ひじこちゃん、かとちゃん、あきのさんの計11人でした。
b0213209_19332230.jpg

室内から運び出したものをある程度分けていたのですが、
高橋さんが集積所に持って行ったところ、分別不十分で受け取って
もらえなかったとのこと、細かい分別作業を手分けして行いました。
内容的には決して面白くはない作業ですが、冗談を言い合いながらの
高橋さん入れて12人での仕分け作業はとても楽しくて、時間が
過ぎるのも早く感じました。大人数ということもあり、作業も早く終わり、
帰りは高橋さんが明治村に連れて行って下さり観光案内もしてくれました。
もうボラではなく、お互い仲間としてかかわれるようになったことがとてもうれしかったです。
紅葉もきれいでした。

夜は、大原の人たちとおそらく最初で最後の女性が5人もいるという
(いつもとは違う)てきやチームの華やかな雰囲気の中で、
てきやは、おがた棟梁と静かに語り合う機会を持てました。
「てきやさんに孫ができた時、大きな地震と津波が起きたけど、
俺と一緒に神社を復興したんだと、てきやさんの孫に一緒に語ろう。
てきやさん、これからも来てくれっちゃ・・・」
そんなおがた棟梁のことばに不覚にも、てきやは涙を流してしまいました。
b0213209_1934197.jpg
 
棟梁の顔に刻まれたしわと、やさしそうで、かなしそうで、
でも、強い眼差しを見つめながら、てきやはこう想いました。
『これからまた災害が起こるかもしれない・・・でも・・・壊されても、
失っても、みんなで力と心を合わせて、立て直していけばいいんだ!!』
そして・・・きっと、棟梁やてきやがいなくなったとしても、この想いは、
てきやの孫の世代まで引き継がれていくものと、今は確信しています。

壊されても、失っても、みんなで力と心を合わせて、立て直していけばいいんだ!!
[PR]
by aoesupport | 2011-12-01 10:30 | 活動報告など