2011・3・11日に起きた東日本大震災におけるHS神戸とサポートチームの活動報告です


by aoesupport

<   2015年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

てきやさん復活への一歩

AOEサポートの皆様、ご無沙汰しております。やっさんです。
日本では自然災害の猛威が関東近辺でも襲い掛かり
せいちゃんたちも鹿沼市や常総市などで水害災害支援活動を
続けております。
一方、もう一人の雄、てきやさんも病気や怪我を乗り越えながら
一歩づつ復活への道のりを歩いております。久々の報告となります。
+++++++++++++++++++++++++++++

『復活の一歩……病を得たり~なお足るを知らず南相馬へ』

今年も月に1回以上は東北へとおもっていました。
しかし、5月の連休に突然左眼に異変があり、網膜剥離と診断され
緊急手術、入院となり、5月下旬に退院したのですが、
その2日後に再発し、再入院、再手術となり、職場復帰ができたのは6月下旬でした。

歯がゆいおもいを抱えながら夏をやり過ごし、9月13日に
やっと南相馬の地に再び立ち、復活を噛みしめながら
、草刈り・木の伐採・木の運搬等することができました。
b0213209_3104236.jpg

このあと、台風18号大雨被害のあった日光市のお宅の庭の泥だしを行い、
その後、活動を続けた石巻牡鹿半島大原へも遊びに行くことができました。
そして10月は常総市でも活動できました。こちらは次回報告させて頂きます。
b0213209_3111295.jpg

1回目の入院は、「早く仕事がしたい。早く南相馬へ行きたい。」
とおもいながら過ごしました。
2回目の入院・手術から数日はとてもつらかったです。
続く痛み、失明の恐怖、社会から排除されそうな不安等が
繰り返し自分を襲いました。何度も死にたいと思いました。
 「この状態で生き続けるのはつらい…」
そんなとき…今までよくしてもらったいろいろな人たちの顔や
かかわり、想い出が感謝のおもいとともに自分を包んでくれました。
b0213209_3113932.jpg

…続く痛みと不安と恐怖のなかで、想い出に包まれて…
「今できることをして何かの、誰かの役に立ちたい、想い出を
もうひとつ作ろう、生きよう。」とおもうことができました。
たくさんの人たちに支えられているからこそ、
今こうして生きていられることに感謝しています。

これからも誰かの、何かの役に立ち、ひとつひとつのかかわりを
大切にしながら過ごしていきたいとおもっています。
  清田 和男
[PR]
by aoesupport | 2015-10-13 23:00